キスの味

キスフレサイトランキング
高校時代、初めて付き合った彼女がいた。同じ学校で同じバスケ部だったのだけれど、男子部と女子部は活動が別だったから、大会のときに一緒に行動するくらいだった。高校二年生の新人戦。僕はキャプテン、副キャプテンをさしおいて大会で大活躍をした。地区大会だったけれど、MVPもとった。それをきっかけに彼女は僕のことを知ってくれて、彼女の方から告白をされた。それまで部活動一筋で他のことに目もくれず生きてきた僕にはまさに晴天の霹靂だった。彼女は女子部のキャプテンで、地区では有名な選手だった。そんな彼女と付き合えることになった僕は最初こそは有頂天で、テンションもモチベーションも高かったのだが、部活動でなかなか会えなくなると、少しテンションが落ちてきた。そんなとき、女子部の方が1時間も早く終わったはずなのに、僕を待っていてくれた。彼女も僕に会いたかったのだと言う。凄く嬉しかった。あたりももう暗くなっていたものだから、駐輪場のところで彼女にキスをした。軽く唇を押し付けるだけのキスだった。彼女との初めてのキスの味は汗でちょっとしょっぱかった。
そのキスの味が忘れられなくて、ぼくらは帰りに駐輪場の隅っこでキスをすることが恒例になっていた。彼女もキスに慣れてきて、僕もキスに慣れてきた。その頃にはもう寒くなっていて、雪がちらついていた。ある日、彼女とのキスの味が変わったことに気がついた。
「あれっ?」と僕が驚いたような声を出すと、彼女は
「リップクリーム変えたの」
と言った。今思うと青春の味がした。
ED
フェラ友

テキストのコピーはできません。