神待ち公園

 此処のところは出会い系じゃなくて神待ち公園っていうの利用しています。
正直、神待ち公園のほうが出会いには適しているからなんです。
だから神待ち公園1本で、出会いを探しては関係を楽しんでいるんです。
先週出会ったのは20歳のMちゃんでした。
『お腹空いているので助けてください』
掲示板に書込していたので直ぐに連絡を取りました。
現在位置は直ぐ目と鼻の先だったから、10分後には対面していました。
公園のベンチでしょんぼりと座り込んでいたMちゃん、神様出現に明るい顔になっていました。
直ぐに近くのファミレスに入り食事を食べさせてやりました。
余程の空腹なのか沢山注文して、すべて平らげていたほどです。
落ち着いてから会話して行きました。
家出少女
「今夜は行くところはあるの?」
「ないよ、お金も持ってないし」
「それじゃ、泊めてあげるよ、汚いアパートだけど」
「やったぁ!!」
自宅アパートにお持ち帰り成功で、こちらもウハウハ気分でしたね。
若くて可愛らしいMちゃんと二人きりでいられるのですから、股間も反応しまくっててビンビンに勃起していました。
セックスもOKでしたから、そのまま彼女の肉体を頂いていきました。
初めて会う女の子との肉体関係なんて、危険なほどに燃え上がってしまうものですね。
興奮しまくりで責めていき、ゴムも付けないままにオマンコの穴にインサートしてしまいました。
「ああん、あんあん、はぁ、いい」
Mちゃんもしっかりと気持ちよくなっていてくれて、大洪水の膣内に射精していったのです。
ラブホテル
出会い系サイト

テキストのコピーはできません。