水割り

 俺の飲んでいた水割りを誤って飲んでしまったメル友のチヒロ、一気に酔いが回ってしまったようでした。
チヒロとはメル友として3か月ぐらいメール交換を続けていた友達でした。
住んでいる地域も同じだし大学生同士ということも会って、自宅に遊びに来ることになったのです。
異性として意識していたわけではありませんでした、恋人もいますから別の女性との関係なんて言う事はそもそも頭にありません。
友達として会うことにして駅前まで迎えに行きました。
顔の確認をしていませんでした、初対面で見たチヒロはとっても愛くるしいタイプの女の子でした。
こんな子とメールしていたのかぁと、ちょっと嬉しくなってしまいました。
自宅アパートに連れ帰り会話することになったのです。
下戸のチヒロでしたからジュースを出して俺は水割り。
そうしてあれこれと話していくと以外にも盛り上がって楽しいひと時になっていったのです。
割り切り【出会い系サイトで募集する方法と注意】
おつまみにしていた食べるラー油を彼女が口に含んだ途端、辛さがダメなのか思わず俺の水割りを飲んでしまったのです。
そうしたら下戸だけに酔いが回ってしまったようでした。
その姿を見た時、初めて性欲が沸き上がってきてしまったのです。
思わずチヒロにキスをしてしまいました。
彼女も酒のためか抵抗しないで自然と受け入れてくれ、そのまま服の中に手を突っ込み胸を触って行きました。
胸から下半身に手を伸ばしパンツに手を入れるとオマンコは湿っていて、触るたびに沢山濡れ出しました。
そのまま全裸となり股間をドッキングさせ、激しく絡み合ってしまったのです。
水割りから始まったセックス、チヒロも気持ちよくなってくれたのか怒ることもなく楽しんでくれたのでした。
援デリ
出会い系 割り切り

テキストのコピーはできません。